法律で規制されてからは

私たちの暮らす毎日は度重なる出費の連続で成り立っています。自宅の家賃や光熱費、公共料金、住宅ローン、自動車ローンなどの支払いから、服やバッグや靴などのお気に入りのファッションアイテムの購入、さらには会社の同僚や仲間との飲み会や食事会の費用、家族旅行などに至るまで、お金の必要な機会は実に盛りだくさんの状態です。 そんな時にもしもお金が不足したなら消費者金融でキャッシングすると便利です。キャッシングは融資を申し込んだその希望額が審査をクリアすると即日中に銀行口座に振り込まれるというサービスの事。そのスピーディーな対応ゆえに明日に差し迫ったお金の支払いにも十分余裕を持って対処することができます。 しかしながらこのキャッシング、かつては現在のような状況とはちょっと違いました。というのも、かつては現在では法律で規制されている年利20パーセント以上を各社が当たり前のように採用しており、そのために利用者が借金返済に苦しんで次々に破産手続きに入るなど深刻な問題となっていたのです。しかし2000年代に入ってその状況も大きく異なってきました。裁判によってグレー・ゾーン金利が違法とみなされると各社共に20パーセント以内に抑えるようになり、キャッシングはこれまで異常に非常に借りやすいサービスとなったのです。 その一方で、法律では総量規制と呼ばれる規則も定めています。これは消費者金融が融資する金額の上限を申請者の年収の3分の1に設定するというものです。これによって利用者が無尽蔵にお金を借りまくるということはなくなり、借金返済がままならず破産する人の数もグッと減る傾向となりました。そしてこれまではサラリーマンなどの会社員がターゲットだったこれらの借り入れローンが対象者を拡げ、主婦やアルバイト、学生、自営業などでも気軽に契約手続きできるようになっています。 借り入れ額に明確な上限ができたことによって、ひとりひとりに対する借り入れ額は減ったものの、その分、金額は少なくてもちょっとしたお金の必要性をサッと埋めてサッと返すといった手軽な借り入れが人気を集めるようになったのです。

Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) キャッシングの新定番「ちょい借り」 All Rights Reserved.